専門性の高い看護師の求人の増加

看護学部や看護学科を設置した看護系大学の数が劇的に増加しています。

日本の4年生大学の総数と比較して、3,4校に1校は看護の勉強ができる状態にまでなりました。

大学卒の看護師が10パーセント増加すると、患者の死亡率が7パーセント減少したという欧州での研究が2014年のイギリスのLancet誌にあります。

医療の現場での看護師の存在の重さが良くわかる調査結果です。

看護師に求められる教育レベルは今後、飛躍的に上昇することも暗示されています。

看護師の求人内容の多様化や専門性の高さにも如実にあらわれているところでしょう。

一方で看護師の仕事には、いまだにネガティブなイメージがついて回っている現状があります。

危険な激務、医師のサポート的な役回り、ブラックな職場というイメージを持っている人は、いまだに少なくないのではないでしょうか。

看護師の離職率、看護師が不足している社会問題についてはたびたび指摘されるところです。

実際、看護師の求人は多くあります。

看護師は国家資格で、一度看護師の資格を取れば就職口に困らないというイメージも根強いのです。

求人の専門性が高くなれば必然的に看護大学へ進学したいと考える人も増え、看護師自体の学歴も底上げされてきます。

看護師の仕事の社会的な認識にも変化が現れることでしょう。

人の命を預かる責任の重い仕事に違いはないものの、患者として顧客としてさまざまな場面で看護師と直接出会うことが増えれば、看護師への先入観にも変化が現れてくることが期待できます。

専門資格や経歴、実績と求人とのマッチングは看護師の求職のメインテーマになってくることが予想されます。

看護師求人関連サイト(http://www.mycutebabyname.com/)によると、ミスマッチを少なくするためには、サービスが充実している求人サイトを有効活用すると良いそうです。